• HOME
  • 【2016年8月の特集記事】外壁塗装をするなら「アナログアンテナ」を撤去するチャンスです!

【2016年8月の特集記事】外壁塗装をするなら「アナログアンテナ」を撤去するチャンスです!

不要なアンテナの撤去、承ります。

地上デジタル放送に移行した後、今まで使用していた不要なアナログアンテナ(VHF)がそのまま残っているケースは多いです。外壁塗装では足場を組んで屋根の塗装も行う為、そのような不要な部分をアンテナから取り外すチャンスです。

しかし一緒にやるといえば聞こえはいいけれど、そもそもなぜ、取り外した方が良いのか、
現状問題なければいいのではないか、と思われる方も多くいらっしゃいます。
今回の特集記事ではアンテナの老朽化を放置してしまう危険性に加え、

花まるリフォームでの取り組みについてご紹介いたします。

花まるリフォーム8月特集記事

不要なアナログアンテナ(VHF)
もしくは地アナ共用(VU)
撤去いたします。

☆花まるリフォームでは塗り替えと一緒に
アナログアンテナの撤去工事を行っています。
  1. 足場をかけた際、一緒にアンテナの撤去を行うことが出来ます。
  2. 5000円前後の料金で撤去いたします。
  3. 屋根から降ろした後は分解し、ゴミにそのまま出せる束にしてお出しします。
  4. BSアンテナが取り付けてある場合は、地デジアンテナに移設するか、単体で設置し直すことが可能です。

不要なアンテナを取り外す


アンテナ社長アナログアンテナ(VHF)は、既にその役割を終えている放送受信機です。
2010年8月に国内メーカー全社がアナログアンテナの生産を終了し、
翌2011年には、完全に地上デジタル放送へ移行しました。
したがって、近年建った新築のおうちにはまず採用されていませんし、
地デジに完全移行する数年前から、アナログアンテナを採用する新築物件は少なくなっています。

つまり、アナログアンテナが今も残っているおうちは築年数が10年からそれ以上の場合がほとんどだということです。
加えて外壁の塗り替えを行うタイミングと合致する、ということでもあります。
 

なぜ老朽化したアンテナは危険なのか

アンテナの支柱はアルミ製ですが、屋根の上にあることもあり、10年以上経過すれば老朽化してしまいます。
カラスやハトがとまった際、重みにより折れてしまったり、地震や強風によって倒れてしまうこともあります。

屋根とアンテナはワイヤーで固定されているため、アンテナが倒れても直ぐには落ちない場合もありますが、
ワイヤーも支柱同様、劣化しますので、倒れてしまえばすでに赤信号、と言えます。
人や車の上に落ちるという最悪のリスクを考慮すれば、撤去してしまった方がいいでしょう。

アンテナ詳細
地デジおよびアナログの機能を持ったアンテナの各部の名称です。
アンテナ図解
BSアンテナが付いている場合は、信号の分配器が取り付けられています。
アンテナ倒れ
倒れたアンテナの様子。ワイヤーがある為辛うじて落下していないものの、いつ落ちるか分からない状況
屋根馬
アンテナが錆びていると、このように屋根にも汚れをつけてしまいます。
サビ
サビたアンテナです。いつ折れてしまってもおかしくない状態。
ワイヤーサビ
ワイヤーも経年劣化でサビてしまいます。切れてしまうと、アンテナが落ちてしまいます。

どのような撤去プランが考えられるのか 

アナログアンテナが設置されている場合は、いくつかのパターンがあります。
設置されている状況に応じた交換・撤去が必要になります。

A.地デジとアナログの共用アンテナの場合

地デジアンテナを取付けた業者が、屋根の上での危険な工事を回避する為に
既存のアナログアンテナに付け足すという工事をしている状態です。
地デジが見られる環境であるものの、支柱やワイヤーは古いままという状況。

支柱が綺麗な場合は、アナログ部分の撤去とワイヤーの交換のみで済む場合もありますが、
明らかに変色し、錆びなどの劣化が見られる場合は、支柱ごと撤去し
新しい地デジアンテナ(UHF)を設置することが望ましいでしょう。
外壁塗装と同時に行えば足場もあり、安全かつ確実な工事を行うことができます。

⇒BSアンテナが取り付けられている場合
 支柱を交換しない場合はそのままに、全交換の場合は新品の地デジアンテナに移設します。
 ただし、BSアンテナ自体も劣化が激しい場合は交換が必要になります。

B.ケーブルテレビ・光ファイバーを導入している場合
既にアンテナ自体が不要となり、アナログアンテナ(VHF)が放置されている場合があります。
このような場合は早急に撤去を行い、屋根をまっさらな状態にしてあげることが望ましいでしょう。

⇒BSアンテナが取り付けられている場合
 BSアンテナの役割がある為に、ケーブルテレビを導入しても、アナログアンテナが放置されていることもあります。
 この場合はアナログアンテナの撤去後、屋根ではない安全な場所にBSアンテナを移設いたします。
 BSアンテナ自体の劣化が激しい場合は交換も必要になります。
撤去

撤去したアンテナです。束になって粗大ごみに出しやすい形にまとめました。

アンテナ取付

新しいアンテナを取付けている様子。


花まるリフォームでは塗り替えと同時に撤去が可能

外壁の塗り替えを行うお客様に追加工事として、平均5000円ほどで撤去を行っています。
アンテナのアナログ部分ないしアンテナそのものを地上に降ろし、粗大ごみへ出せるよう折り曲げ束ねた状態にしてお出しします。
こうした撤去および処分の方法は、撤去単体の案件として自治体・業者に依頼するより遥かにお安く、未撤去の方にはおすすめをしております。
電気工事
工事中の中山電設・中山代表です。
親しみやすい人柄で、どの現場でもご好評いただいています。
屋根塗装
アンテナを交換後、屋根塗装を行っている様子。
勿論、施工中は写メールにて作業画像をお送りしております。
お客様のパソコン、または無料レンタル端末『フォトU-TV』からご覧になることが出来ます。

写メール_s.jpg

普段目にすることのない屋根の上の点検も花まるリフォームではきちんと行い、
適切な工事をお客様にご提案させていただきます。安心してお任せください。

外壁塗装の際は、アンテナの交換・撤去も是非ご検討下さい!

または以下の無料のフリーダイヤルからでもご連絡が可能です。
omitubana2_s.jpg

外壁塗装と併せてのお問い合わせもお待ちしております!
以下の無料見積りフォームより随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい!
omitubana1_s.jpg


関連記事



  • 花まるリフォーム 会社案内
  • 花まるリフォーム 施工事例一覧
  • 花まるリフォーム お客様の声一覧

花まるリフォームのリフォーム事例

他にもたくさんの施工事例を掲載しています! 施工事例一覧はこちら
  • おすすめの塗料
  • 塗料の比較表
  • 塗装の価格
  • 塗装の時期
外壁塗装専門店 花まるリフォーム がお客様に選ばれる5つの理由
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断