外壁のツタ(蔦)の撤去についてのお問い合わせがありました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

外壁・屋根塗装の専門店「花まるリフォーム株式会社」です。

 

本日は、雨で、現場作業はお休みでした。

 

本日は、ホームページをご覧になったお客様から電話で

外壁のツタ(蔦)の撤去についてのお問い合わせがありました。

 

ありがとうございます<(_ _)>

 

社長のお返事を、以前実際に「花まるリフォーム」で施工した

お家の写真を交えて、以下↓にまとめてみました。

 

「外壁のツタ(蔦)」は、皆さんが思っていらっしゃるほど、

そう簡単に取れるものではありません。

なぜなら、ツタ(蔦)の先端は、蛙の指先の吸盤のように

壁面に食いついていて、蔓の部分を引っ張っても、

切れてしまい、壁面にまるで「黒子から生えているヒゲ」のように

こんな風に↓残ってしまいます。

外壁に残ったツタ(蔦)の痕

また、蔓を引っ張った時に外壁の素材ごと剥がしてしまうこともあります。

 

こちら↓が、実際にツタ(蔦)の撤去を行う前の写真です。

外壁のツタ(蔦)の撤去前

  

やはり、ツタ(蔦)の撤去後は、塗装工事が必要です。 

 

ツタ(蔦)の撤去に専門業者はありませんし、とにかく手作業で取り、 

汚れる事を前提に(後で塗装する場合)このように↓バーナーで焼く事もあります。外壁のツタ(蔦)をバーナーで焼く

  

この後、再度、模様付けをして、なるべく目立たないように処理しました。 

そして、塗装工事完了後の写真がこちら↓です。外壁のツタ(蔦)を撤去後 

 もっと完璧にしたい場合は、サイディングなら新しく貼り替える。 

モルタルなら、吹き付けからやり直すしかありませんが、 

どちらもさらに高額になります。 

 

とにかく、「ツタ(蔦)の撤去」は、手間と時間がかかる大変な作業なのです。 

この時も、こんなに↓大量のツタ(蔦)のゴミが出ました。外壁に絡まったツタ(蔦)のゴミ

 

「ツタ(蔦)の撤去」で、お悩みのお客様も多いかと思い、 

こんな一例をご紹介させていただきました。

それから、ツタ(蔦)を枯らしてから撤去した方がいいというのも、

間違いだそうです。ご注意ください!

 

 

「外壁・屋根塗装」に関するお問い合わせは、「花まるリフォーム」の 

無料電話相談・無料メール相談」まで、どしどしお寄せくださいね。 

お待ちしています(*^_^*) 

 

花まるリフォームの無料電話相談は、

TEL0120-870-346(フリーダイヤル)

 花まるリフォームの無料メール相談は、

花まるリフォームのホームページより承っております。 

コチラをクリック→「花まるリフォーム株式会社  

 

 

 

※毎日、ホームページが新しく更新されています。  

  皆さま、是非、ご覧になってください。   

(代筆:高橋 敦子) 

   

こちら↓の「にほんブログ村」ランキングに参加しています。 

クリック↓すると塗装 に関するさまざまなブログを見る事ができます。

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hanamaru-r.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/889

コメントする

プロフィール

研究熱心では誰にも負けない…
はなまる工事を目指して21年
東京都世田谷区の外壁塗装専門店「花まるリフォーム株式会社」代表 高橋良一

東京都世田谷区の外壁塗装専門店「花まるリフォーム株式会社」代表 高橋良一
誰よりも家を長持ちさせる為の塗装への探究心が強い。我が花まるリフォーム社長・高橋良一。 いつも、お客様のお家に合った塗装・施工法を模索しています。

このブログ記事について

このページは、高橋良一が2012年6月 6日 16:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国分寺市・世田谷区のお客様から外壁塗装のお見積りのご依頼をいただきました。」です。

次のブログ記事は「「遮熱塗料をエアコン室外機に塗る」無料キャンペーンを開始しました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。